いぬボード

いぬボードは入力した電圧に応じて出力する音声信号の大きさが変化する機能と、入力した音声信号の大きさに応じて出力する電圧が変化する機能を持つセンサーボードです。いぬボードの音声入出力端子をパソコンのマイク端子とヘッドフォン端子につなぎ、プログラムで制御することで動くものを作ることができます。いぬボードにはアナログ信号で動かせるセンサーやアクチュエーターをつなぐことができます。

いぬボードは、2017年7月15日にNHK Eテレにて放送された「Why!?プログラミング」で登場した「ワンだふぉー」の回路の一部を一枚のプリント基板におさめたものです。

販売価格

1,800円(税込み1,944円)

ご購入はこちら

仕様

  • 電源:Micro USB (DC:5 V)
  • PCとの接続方法:3.5 mmステレオミニプラグケーブル
  • Scratch 1.4、Scratch 2.0 両対応
  • 基板上に明るさセンサ搭載
    • 外部センサを接続する場合はジャンパを切り替えてください。(詳細はこちら
  • アナログ出力電圧範囲:DC 0 ~ 5 V
  • アナログ入力電圧範囲:DC 0 ~ 5 V

関連製品

お問い合わせ

おまとめでの購入をお考えのお客様には、ご要望により個別手配にて対応いたします。法人様、官公庁様、個人様を問わず contact@switch-education.com までお気軽にお問い合わせください。


チュートリアル、作例


プレスリリース


作品例