Banner

株式会社オライリー・ジャパン、株式会社プロキッズ、株式会社スイッチエデュケーションは、教育用マイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」を使った作品のコンテスト「たのしいmicro:bitコンテスト2019」を開催しました。

コンテスト概要

  • 名称:たのしいmicro:bitコンテスト2019
  • 募集期間:2019年4月19日~6月9日
  • 表彰:「Maker Faire Tokyo 2019」にて1次審査を通過した作品の中からグランプリとその他受賞者を決定(2019年8月3日(土)、4日(日)東京ビッグサイト)
  • 公式サイト:https://makezine.jp/blog/2019/04/microbitcontest2019.html

本コンテストのテーマは「作って楽しむ」です。作ることそのものを楽しむ、作ったものを使って楽しむ、作ったものをほかの人と共有して楽しむ、など楽しみ方にもいろいろあります。動くものを作ることによって感じられる様々な楽しみを、本コンテストを通して多くの方に体験していただきたいと考えています。

選出の流れ

  1. 1次審査 応募作品の中から、各部門より2~3組を選出。
    • 「Kids&Family部門」小学生以下の子供+大人
    • 「Young Maker部門」中学生~18歳未満
    • 「一般部門」年齢不問
  • 作品展示(8/3~4 @ Maker Faire Tokyo 2019
    1次審査を勝ち抜いた作品を展示。来場者による投票も行います。

  • 決勝大会(8/4 @ Maker Faire Tokyo 2019
    制作者自身によるプレゼンを実施。作品展示での投票数、観客の皆さんの反応などを総合して、審査員がその場でグランプリとその他受賞者を決定。

審査員(敬称略、50音順)

コンテスト結果

※他、応募してくださった作品は、プログラミング作品共有サイト「Paddle」にてカテゴリ「たのしいmicro:bitコンテスト2019」で検索ください。

株式会社オライリー・ジャパン

2006年より雑誌「Make:」日本語版を発行し、2008年から新しいテクノロジーを自由な発想で使いこなす「Maker」(作り手)たちの発表の場、交流の場である「Maker Faire Tokyo」を主催しています。 2017年8月に行われた「Maker Faire Tokyo 2017」は、450組の出展者、20,000名の来場者を迎えました。
所在地:東京都新宿区四谷坂12番22号 VORT四谷坂町1階
URL:https://www.oreilly.co.jp

株式会社プロキッズ

プロキッズは、現在子どもの未来に寄り添う会社として、子供向けプログラミングスクール、プログラミング作品共有サイト「Paddle(パドル)」を運営している会社です。今回のコンテストでは、作品応募サイトとして「Paddle」を利用しております。これからも、ありそうでなかった体験を創出することで、親子、そして地域社会も巻き込んだITに触れる機会をつくり、学びの好奇心を育むお手伝いを今後も提供してまいります。
所在地:東京都台東区台東1-4-12 BKビル7階
URL:https://prokids.jp