スイッチエデュケーションでは、micro:bit(マイクロビット)micro:bit用ワークショップモジュールを使ったさまざまなワークショップを、神楽坂にあるBOOK&OFFICE 文悠さんにて定期的に開催しています。
定員6人に対しスタッフ3人でサポートしますので、プログラミング初挑戦のお子さんも楽しく取り組んでいます。micro:bitを使ってみたい方、プログラミングに興味がある方、お気軽にスイッチエデュケーション(workshop@switch-education.com)までご連絡ください!

※感染症対策のため、現在は定員4名、スタッフ2名で行っています。また、手指や機材の消毒、マスクの着用、換気などもしっかり行っています。

次回ワークショップのご案内

プログラミング・フォロで棒倒しをしよう!
お申し込みは、workshop@switch-education.com までメールお願いします。


  • 概要:
  • 日時:2020年11月23日(月・祝)10:00~16:00(お昼休み1時間)
  • 場所:スイッチエデュケーション オフィス(最寄り:大江戸線 牛込神楽坂駅)
  • 対象:小学生~中学生 ※小学3年生以下の方は、保護者の方の同伴をお願いします。
  • 特典:micro:bit 1台プレゼント!
  • 参加費:7,000円(税込)※フォロ+micro:bitをお持ち帰りいただけます
  • 定員:4名
  • 持ってくるもの:筆記用具、お昼ごはん(近くにコンビニございます)


過去の実施ブログ








micro:bit(マイクロビット)とは

BBC(英国放送協会)が主体となって開発した、手のひらサイズのSTEM教育向けプログラミング教材。
ボタンやLED、タッチセンサーや加速度センサー、無線通信機能などを搭載しています。パソコンやタブレットで簡単にプログミングができ、日本でも小中学校への導入が始まっています。詳細はこちら(商品ページ)

ワークショップモジュールとは

micro:bit(マイクロビット)にセンサーを追加したり、動く作品を作ることが手軽にできるモジュールです。
1台あるとさまざまな作品を作ることができるためとても便利です。ワークショップモジュールを使った作例はこちら(商品ページ)

BOOK&OFFICE 文悠

神楽坂商店街メインストリートに面した、老舗の本屋さん「文悠書店」さんが提供しているレンタルスペースにてワークショップを実施しています。書店の地下1階、和モダンな空間となっています。
BOOK&OFFICE 文悠さんのウェブサイトはこちら