スイッチエデュケーションでは、micro:bit(マイクロビット)micro:bit用ワークショップモジュールを使ったさまざまなワークショップを、神楽坂にあるBOOK&OFFICE 文悠さんにて定期的に開催しています。
定員6人に対しスタッフ3人でサポートしますので、プログラミング初挑戦のお子さんも楽しく取り組んでいます。micro:bitを使ってみたい方、プログラミングに興味がある方、お気軽にスイッチエデュケーション(workshop@switch-education.com)までご連絡ください!








次回ワークショップのご案内



PDFはこちら

micro:bit(マイクロビット)とは

BBC(英国放送協会)が主体となって開発した、手のひらサイズのSTEM教育向けプログラミング教材。
ボタンやLED、タッチセンサーや加速度センサー、無線通信機能などを搭載しています。パソコンやタブレットで簡単にプログミングができ、日本でも小中学校への導入が始まっています。詳細はこちら(商品ページ)

ワークショップモジュールとは

micro:bit(マイクロビット)にセンサーを追加したり、動く作品を作ることが手軽にできるモジュールです。
1台あるとさまざまな作品を作ることができるためとても便利です。ワークショップモジュールを使った作例はこちら(商品ページ)

BOOK&OFFICE 文悠

神楽坂商店街メインストリートに面した、老舗の本屋さん「文悠書店」さんが提供しているレンタルスペースにてワークショップを実施しています。書店の地下1階、和モダンな空間となっています。
BOOK&OFFICE 文悠さんのウェブサイトはこちら