プログラミング・フォロ for micro:bit

モーター、スイッチ、スピーカー、赤外線センサーを搭載した、micro:bitでプログラミングする6足歩行ロボットです。

モーターを動かす命令をmicro:bitでプログラミングして、ロボットを歩行させます。 また、赤外線センサーを活用したプログラムを作ることもできるため、例えば「障害物を避けて歩く」ロボットや「動いているものに追従する」ロボットにアレンジできます。

     

もちろん、micro:bit本体に搭載されているセンサー類と組み合わせた動きをプログラミングすることも可能です。 micro:bitを1台追加して無線通信機能を使えば、ロボットを遠隔操縦することができます。


このキットを使用するためには、別途 micro:bit(マイクロビット)と単4電池4本が必要です。


販売価格

7,000円(税別)

ご購入


仕様

    micro:bit使用ピン番号
  • P0 :スピーカー
  • P1 :フォロ右側の赤外線センサーの値を取得
  • P2 :フォロ左側の赤外線センサーの値を取得
  • P12 :フォロ搭載赤外線LEDの制御
  • P13 :足のモーターの制御(正転)
  • P14 :足のモーターの制御(逆転)
  • P15 :腰のモーターの制御(正転)
  • P16 :腰のモーターの制御(逆転)

内容物

  • パーツ一式 121点

製品概要

  • 型番:SEDU-054829
  • JANコード:4589831300597
  • サイズ:約W150 × D150 × H175 mm
  • 重さ:300g
  • 使用電池:単4アルカリ乾電池 × 4本
  • 対象年齢:10歳以上
  • 工作時間:3時間
  • 工作に必要な工具:ニッパー、ドライバー(No.1)、ハサミ

組立

  • 商品に同梱している説明書を見ながら組み立てしてください
  • 必須ではありませんが、ギアにグリスを塗ってから組み立てるとスムーズに動く場合があります(グリスは商品に同梱していません、別途ご購入ください)
  • 組立の際には、こちらの「組み立ててみた!」動画をおともにどうぞ

サンプルプログラム

  • 歩かせてみよう!
    Aボタンを押すと2秒前進、Bボタンを押すと2秒後進します。


  • 体を回転させてみよう!
    Aボタンを押すと左に、Bボタンを押すと右に体を1秒間回転します。AボタンとBボタンを同時に押すと2秒前進します。

  • フォロの赤外線センサーを使ってみよう!その1
    左側のセンサーが反応したら「L」、右側のセンサーが反応したら「R」、左右両方のセンサーが反応したら「W」と表示します。手をかざしてみましょう!
    フォロの赤外線センサーの位置

  • フォロの赤外線センサーを使ってみよう!その2
    電源を入れたらフォロが探索し始めます。壁など障害物を見つけたら後ろに戻って方向転換します。

  • フォロの赤外線センサーを使ってみよう!その3
    動いているものを見つけると、ついていきます。

  • micro:bitの機能を使おう!:無線通信
    micro:bitを1台追加して、フォロを遠隔操縦しましょう。 コントローラーAボタンを押すと前進、Bボタンを押すと後進、左に傾けると左回転、右に傾けると右回転します。
    追加した商品 プログラム
    • フォロ側

    • コントローラー側


関連製品


お問い合わせ

おまとめでの購入をお考えのお客様には、ご要望により個別手配にて対応いたします。法人様、官公庁様、個人様を問わず contact@switch-education.com までお気軽にお問い合わせください。