micro:bit用ボタンパネル(コネクタータイプ)

micro:bitで使える、ボタンが12個ついたパネルです。
micro:bit用ワークショップモジュール、またはmicro:bit用コネクターベースに接続して使います。
アナログ値を取得して、どのボタンが押されているか判断します。

本商品を使用するためには別途micro:bit用ワークショップモジュール、またはmicro:bit用コネクターベースが必要です。


販売価格

1,300円(税込み1,430円)

ご購入はこちら


内容物

  • ボタンパネル x 1台
  • 接続コード x 1本

ボタンパネル
接続コード




サンプルプログラム

ツールボックス「高度なブロック」>「入出力端子」の中にある「アナログ値を読み取る 端子P0」ブロックを使って、どのボタンが押されているか判定します。
サンプルプログラムでは、ボタンが押されたら各ボタンに割り振った数字または記号を micro:bitのLEDに表示しています。 (マイクロスイッチは、micro:bitの1番ピンに接続しています。)


作例

電子ロック付き宝箱を作ってみました。 正しいパスワードを入力すると、宝箱のカギが開きます。



追加で使っている商品 プログラム


関連製品


お問い合わせ

おまとめでの購入をお考えのお客様には、ご要望により個別手配にて対応いたします。法人様、官公庁様、個人様を問わず contact@switch-education.com までお気軽にお問い合わせください。