micro:bit用フォトリフレクター(コネクタータイプ)

micro:bitで使えるフォトリフレクターです。
フォトリフレクターには、赤外線を発光するパーツと受光するパーツがついています。発光した赤外線が反射して戻ってくる量を調べるセンサーです。

ワークショップモジュールまたは、micro:bit用コネクターベースに接続して使います。


販売価格

800円(税込み880円)
ご購入はこちら


仕様

  • フォトリフレクター
    • 出力:デジタル
    • 受光量が多い場合はデジタルの値が「0」に、受光量が少ない場合はデジタルの値が「1」になります

内容物

  • フォトリフレクター × 1台
  • コネクターコード(15cm) × 1本

  • フォトリフレクター オモテ
    Omote

  • フォトリフレクター ウラ
    Ura

  • コネクターコード
    Harness


追加で必要なもの


フォトリフレクターについて
フォトリフレクターには、赤外線を発光するパーツ(図右側の白丸パーツ)と受光するパーツ(図左側の黒丸パーツ)がついています。
Photoreflector

白色は光を反射するのでフォトリフレクターに戻る赤外線の量は多くなります。一方で、黒色は光を吸収するので戻る赤外線の量は少なくなります。
Feature

この仕組みを利用して、物がフォトリフレクターの前を通過したことを検出したり、白色/黒色のラインを検出する機能を作ります。


ワークショップモジュールとの接続
写真赤枠内のどちらかのコネクターに接続してください。コネクターには向きがあるので注意しましょう。モジュール左側に接続した場合はmicro:bitのP1ピンを、右側に接続した場合はP2ピンを使います。
Connect


フォトリフレクターの感度調整
フォトリフレクターには可変抵抗器という、抵抗値を変更することができる抵抗器がついています(青色パーツ)。
V resister

フォトリフレクターを使ってみて感度が悪い/良すぎると思った場合は、ドライバーを使って可変抵抗器の抵抗値を調整してみましょう。図、右にまわすと感度がよくなり、左にまわすと感度が悪くなります。
Arrange


使い方

  • フォトリフレクターを使ってみよう!

    フォトリフレクターにはLEDがついていて、デジタルの値が「0」のとき緑色に光ります。micro:bitで動かしていなくても、電気が流れていたらLEDは点灯します。フォトリフレクターをワークショップモジュールに接続して、LEDの点灯/消灯を確認してみましょう!





  • 簡単なプログラムを作ってみましょう!

    白色だったら「W」、黒色だったら「B」と表示するプログラムです。フォトリフレクターの値を調べるには、「高度なブロック」>「入出力端子」>「デジタルで読み取る 端子 P0」ブロックを使います。※サンプルプログラムでは、ボタンはmicro:bitのP0ピンに接続しています。


作例

  • 玉入れゲーム機
    カゴにフォトリフレクターを取り付けて、ピンポン玉が通過したことを検知しています。ゲーム時間内にゴールした数をmicro:bitに表示しています。


ワークショップ事例

関連製品


初期不良/保証について

お届けした際の明らかな破損、またはご使用始めの段階での故障に関しては、状態または現象をご説明の上、メールにてお問合せください。 なお、初期不良のご相談は、商品到着より30日以内とさせて頂きます。
初期不良以外での保証をご希望されるお客様は、メールにてお問合せください。

お問い合わせ

おまとめでの購入をお考えのお客様には、ご要望により個別手配にて対応いたします。法人様、官公庁様、個人様を問わず contact@switch-education.com までお気軽にお問い合わせください。