micro:bit用回転ボリューム(コネクタータイプ)

micro:bitで使える回転ボリュームです。
micro:bit用ワークショップモジュールmicro:bit用コネクターベース、またはbitPak:Lab(計測と制御)に接続して使います。
つまみを回す動きをmicro:bitの入力として活用できるようになります。例えば、出力パーツと組み合わせて、音を変化させたりサーボモーターを動かしたりすることができます。

本商品を利用するには、別途 micro:bit用ワークショップモジュールmicro:bit用コネクターベース、 またはbitPak:Lab(計測と制御)が必要です。

販売価格
1,100円(税込み1,210円)
ご購入はこちら

仕様

  • 回転ボリューム
    • つまみの位置に応じて、0~1023までのアナログ値を出力します。

内容物

  • 回転ボリューム × 1個
  • つまみ × 1個
  • 接続コード × 1本

回転ボリューム
Volume

接続コード
Harness



micro:bit用ワークショップモジュールに接続している様子
Connected

サンプルプログラム

  • 回転ボリュームのアナログ値をLED棒グラフとして表示させてみよう
    つまみを回すと棒グラフが変化します(回転ボリュームは、micro:bitの1番ピンに接続しています。)
    接続している商品:micro:bit用ワークショップモジュール




  • 回転ボリュームのアナログ値を4桁表示パーツに表示させてみよう
    つまみの位置に応じて出力されたアナログ値が4桁表示パーツに表示されます(回転ボリュームは、micro:bitの1番ピンに接続しています。)
    接続している商品:bitPak:Lab(計測と制御)




資料

利用例

つまみを回す動きでサーボモーターをコントロールしてみました。





関連製品

お問い合わせ

おまとめでの購入をお考えのお客様には、ご要望により個別手配にて対応いたします。法人様、官公庁様、個人様を問わず contact@switch-education.com までお気軽にお問い合わせください。