ピンボール用回転サーボモーターセット

bitPak:Game(ピンボール)に、モーターで回転するパーツを追加したい!という場合にピッタリなセットです。
回転サーボモーターと、ステージに取り付ける場合に便利なサポーターが入っています。

販売価格
900円(税込み990円)
ご購入はこちら

市場状況などを考慮し、値下げしました。(2021年7月1日実施)

追加で必要なもの
内容物
  • 回転サーボモーターとサーボモーンセット × 1セット
  • サポーターとネジのセット × 1セット
  • サーボモーター用延長コード(30cm) × 1本
  • サーボホイールセット × 1セット(おまけ)

サポーターの素材はPLAです。50度を越える高温環境での使用・保管は避けてください。また、予告なく色や形状を変更する場合があります。

回転サーボモーターとサーボモーンセット

サポーターとネジ

サーボモーター用延長コード(30cm)

サーボホイールセット(おまけ)

ピンボールへの取り付け
  1. サポーターを回転サーボモーターに取り付けます。

  2. 2箇所をネジで固定します。

  3. 矢印の部分に両面テープを貼ります。

  4. 設置したい場所を切り取り、ステージ裏面から貼り付けましょう。

  5. サーボモーターの軸にサーボホーンを取り付け、回転させたいパーツをサーボホーンに貼り付けましょう。
    サーボホーンにはさまざまま形があります、パーツを貼り付けやすい形のものを選びましょう。

接続方法

回転サーボモーターをmicro:bit用ワークショップモジュールに接続しましょう。コードが短い場合は延長コードを利用してください。
コネクターコードには接続向きがあります、コードの色の並びが写真と同じように接続してください。




サンプルプログラム

「3秒間、反時計回りに回転 → 3秒間、時計回りに回転 → 2秒停止」をずっと繰り返します。
※回転サーボモーターはmicro:bitの0番ピンに接続しています。

  • 「高度なブロック」>「入出力端子」の中にある「サーボ 出力する 端子P0 角度 180」ブロックを使います。
  • 回転サーボモーターの回転方向と回転速度は図のようになっています。




作例:ピンボール



回転サーボモーターのメンテナンス

回転サーボモーターは角度を90度に指定すると停止するようになっていますが、わずかに動いてしまう場合があります。この場合、回転サーボモーターのメンテナンスが必要です。
ドライバーを使って、赤丸部分にあるネジ(トリマポテンショメーター)を少しだけまわします。時計回り、反時計回りと少しずつ回して回転サーボモーターが停止したところでドライバーを離しましょう。

関連製品


初期不良/保証について

お届けした際の明らかな破損、またはご使用始めの段階での故障に関しては、状態または現象をご説明の上、メールにてお問合せください。 なお、初期不良のご相談は、商品到着より30日以内とさせて頂きます。
初期不良以外での保証をご希望されるお客様は、メールにてお問合せください。

お問い合わせ

おまとめでの購入をお考えのお客様には、ご要望により個別手配にて対応いたします。法人様、官公庁様、個人様を問わず contact@switch-education.com までお気軽にお問い合わせください。