bitPak:Minicar用パーツセット

bitPak:Minicarを作りたいけど、付属のmicro:bit用ワークショップモジュールは既に持っている、という方にピッタリなパーツセットです。

このキットを使用するためには、別途 micro:bit(マイクロビット)micro:bit用ワークショップモジュール、単4電池3本が必要です。

micro:bit用ワークショップモジュールをお持ちでない方はbitPak:Minicarをご購入ください。

販売価格

2,300円(税込み2,530円)

ご購入はこちら


内容物

  • 回転サーボモーターFS90R(サーボホーンセット付き) x 2セット
  • サーボホイール x 2セット
  • minicar用モジュールサポーターセット x 1セット
    • モジュールサポーター x 1個
    • M3 × 8 mm ネジ × 2本
    • M3 ナット × 2個
  • minicar用キャスターセット x 1セット
    • キャスター x 1個
    • キャスターサポーター x 1個
    • M3 × 8 mm ネジ × 2本
    • M3 ナット × 2個
※モジュールサポーターとキャスターサポーターの素材はPLAです。予告なく色や形状を変更する場合があります。

  • 回転サーボモーターFS90R(サーボホーンセット付き)


  • サーボホイール


  • minicar用モジュールサポーター


  • minicar用キャスターセット



組立




サンプルプログラム

micro:bitのAボタンを押すと前進と後進を行い、Bボタンを押すと左回転と右回転を行います。


回転サーボモーターのメンテナンス

回転サーボモーターは角度を90度に指定すると停止するようになっていますが、わずかに動いてしまう場合があります。この場合、回転サーボモーターのメンテナンスが必要です。 こちらの動画ではメンテナンス方法を紹介しています。



補足

  • ワークショップモジュールとモジュールサポーターはネジとナットで固定することもできます
    ※回転サーボモーターのメンテナンスの度にネジを外さないといけなくなります。
     



作例:ラジコンにしてみた!

micro:bit用コントローラーキットと組み合わせて、ラジコンのようにして遊んでみました。
コントローラーを左に傾けたら左回転、右に傾けたら右回転、前に傾けたら前進、後ろに傾けたら後進するようにプログラムしてみました



プログラム
コントローラー側


車側



作例:衝突検知機能を追加してみた!

micro:bit用曲げセンサー(コネクタータイプ)を2つ追加して、衝突を検知する車を作りました。
左右どちらかの曲げセンサーが反応すると、車は後ろにさがって方向転換します。


曲げセンサーの取り付け場所

プログラム



車が作れるbitPakシリーズ

  • bitPak:Racer
    DCモーターを使って動かしたい場合にピッタリ!
  • bitPak:Drive
    ショベルカーのアームといったギミックを追加したい場合、車体に飾り付けをしたい場合に!
  • bitPak:Crawler
    ちょっとした段差も乗り越えることができる車を作りたい場合に!
  • bitPak:Minicar
    お手頃に作りたい場合、センサーを使って自走させたい場合に!


関連製品


お問い合わせ

おまとめでの購入をお考えのお客様には、ご要望により個別手配にて対応いたします。法人様、官公庁様、個人様を問わず contact@switch-education.com までお気軽にお問い合わせください。